級別出題内容と級認定の
考え方

社会に主体的に参画し活躍するため
に必要な力を3つの領域で測定します。

出題領域別詳細

2級

検定時間

50分

測定する
レベル

高校卒業までに基本的に身につけておきたい資質・能力レベル

級の特徴

社会課題への視野の拡大につながる出題
語彙運用力 測定する力 実生活の中で、相手や目的に応じて語彙を選び、的確に伝え合うことができるかを測る。
出題内容 単純な語句の意味を問うのではなく、実際の活用シーンを意識した出題(高校の教科書で初出の語中心)
  • 下線部の適切な言い換え
  • 短文の適語空欄補充
問題数 小問数:18
情報理解力 聴解 測定する力 多様な情報から目的や条件に応じて必要な情報を聞き取り、関連づけて理解し、考察・評価する力を測る。
出題内容 社会課題に関するニュース・会話文から出題
  • NHKラジオニュース:2~3分程度
  • 議論:3~4分程度
  • 情報の正確な聞き取り<取り出し・整理>
  • 聞き取った情報と読み取った情報の関連づけ、的確な理解<関連づけ・理解>
  • 聞き取った情報と知識や考え方、経験を結びつけた考察・評価<考察・評価>
問題数 大問数:2(小問数:10)
読解 測定する力 多様な情報から目的や条件に応じて必要な情報を読み取り、関連づけて理解し、考察・評価する力を測る。
出題内容 社会課題をテーマにした新聞記事や図表・グラフなどの複数の情報から出題
  • 800~1000字程度の文章、図表、グラフ
  • 複数資料を合わせた字数
  • 情報の適切な読み取り<取り出し・整理>
  • 読み取った情報の関連づけ・的確な理解<関連づけ・理解>
  • 読み取った情報と知識や考え方、経験を結びつけた考察・評価<考察・評価>
  • 記述問題(30~60字程度)
問題数 大問数:2(小問数:8)
社会理解力 測定する力 社会課題を考えるために必要な、前提となる基本知識と、関連事象や課題などに関する思考力を測る。
出題内容 自分ごとから視座を上げて客観的に考えられる社会問題を出題テーマとし、関連する語や社会事象を出題
  • 語の意味
  • 関連事象の理解
  • 資料から読み取ったことと知識の統合理解
問題数 小問数:18

3級

検定時間

50分

測定する
レベル

中学卒業までに基本的に身につけておきたい資質・能力レベル

級の特徴

日常生活での役立ちにつながり、学ぶこと自体に興味が持てる出題
語彙運用力 測定する力 実生活の中で、相手や目的に応じて語彙を選び、的確に伝え合うことができるかを測る。
出題内容 単純な語句の意味を問うのではなく、実際の活用シーンを意識した出題(中学校の教科書で初出の語中心)
  • 下線部の適切な言い換え
  • 短文の適語空欄補充
問題数 小問数:18
情報理解力 聴解 測定する力 多様な情報から目的や条件に応じて必要な情報を聞き取り、関連づけて理解し、考察・評価する力を測る。
出題内容 高校生の実生活に関連した身近な話題に関するニュース・会話文から出題
  • NHKラジオニュース:2~3分程度
  • 日常会話:3分程度
  • 情報の正確な聞き取り<取り出し・整理>
  • 聞き取った情報と読み取った情報の関連づけ、的確な理解<関連づけ・理解>
  • 聞き取った情報と知識や考え方、経験を結びつけた考察・評価<考察・評価>
問題数 大問数:2(小問数:10)
読解 測定する力 多様な情報から目的や条件に応じて必要な情報を読み取り、関連づけて理解し、考察・評価する力を測る。
出題内容 高校生の実生活に関連した身近な話題をテーマにした新聞記事や図表・グラフなどの複数の情報から出題
  • 600~800字程度の文章、図表、グラフ
  • 複数資料を合わせた字数
  • 情報の正確な読み取り<取り出し・整理>
  • 読み取った情報の関連づけ・的確な理解<関連づけ・理解>
  • 読み取った情報と知識や考え方、経験を結びつけた考察・評価<考察・評価>
  • 記述問題(30~50字程度)
問題数 大問数:2(小問数:8)
社会理解力 測定する力 社会課題を考えるために必要な、前提となる基本知識と、関連事象や課題などに関する思考力を測る。
出題内容 自分ごととして考えられる身近な社会問題を出題テーマとし、関連する語や社会事象を出題
  • 語の意味
  • 関連事象の理解
  • 資料から読み取ったことと知識の統合理解
問題数 小問数:18

級認定の考え方

例:2級の問題で受検した場合

到達度に応じて
「正級/準級/不合格」の判定を行います。
自分の力に応じた資格取得が可能になります。

「高校生のための学びの
基礎診断」認定

『Literas 論理言語力検定』の「語彙運用力」と「情報理解力」の2領域は、文科省による「高校生のための学びの基礎診断」の国語に認定されました。

  「高校生のための学びの基礎診断」認定タイプ 語彙運用力と情報理解力の出題範囲
2級 標準タイプ 主として「国語総合」
(中学校学習指導要領「国語」の内容を含む)
3級 基本タイプ 主として中学校学習指導要領「国語」
(「国語総合」の内容も含む)
「高校生のための学びの基礎診断」認定タイプ
2級 標準タイプ
3級 基本タイプ
語彙運用力と情報理解力の出題範囲
2級 主として「国語総合」
(中学校学習指導要領「国語」の内容を含む)
3級 主として中学校学習指導要領「国語」
(「国語総合」の内容も含む)